【研究手記】
TOP > 【研究手記】 > 00/01/08 宇治・比叡山・鞍馬旅行

行程
覚え書き
・1日目:宇治・比叡山・鞍馬・四条大橋・京都駅
・2日目:大阪

■行程
1月8日 宇治川・宇治公園(橘橋・朝霧橋)・宇治神社・宇治上神社 源氏物語ミュージアム
比叡山延暦寺(東塔エリア) ・ロープウェイ・ケーブルカー
鞍馬寺
四条大橋・鴨川・四条大橋のマクドナルド・四条木屋町の喫茶店
京都駅・駅ビル・大階段
1月9日
大阪

■覚え書き

友人と夜行バスで行った冬の京都。
翌日に大阪であったイベントに参加するついででした。
鞍馬寺行きは予定外の行動でした。

<1/7>新宿発夜行バス(23:00)
  
<1/8>京都宇治駅(5:28)→宇治川→宇治公園(橘橋・朝霧橋)→宇治神社→宇治上神社→京都宇治駅前(休憩)→徒歩(8:30)→ 源氏物語ミュージアム(9:00-40) →京都宇治駅(9:48)→比叡山延暦寺(東塔エリア)→ロープウェイ・ケーブルカー→ 鞍馬寺 →四条大橋・鴨川・四条大橋のマクドナルド・四条木屋町の喫茶店探し→京都駅・駅ビル・大階段→大阪
  
<1/9>大阪→新大阪→東京駅→自宅


<出発>
7日の夜、仕事先から直接新宿のバスターミナルへ。
夜行バスに乗り込む前に近くのコンビニで手袋を探しました。真冬で寒いというのに、忘れてしまったので。さすがにバスターミナル周辺は、コンビニが数軒あったんですけど、気に入った手袋はなくて、諦めて飲み物だけ購入。
友達と合流して、23時に新宿を出発。
疲れていたためかすぐに眠りについてしまいました。
  
<1日目>
京阪宇治駅に到着したのは5時28分。バスの最初の到着場所でした。同じバスで降りる人は他にはいなくて、かなり寂しかったです。
まだまだ辺りは真っ暗で、開いていたのは駅前のコンビニだけ。とりあえず、軽くおにぎりと、やっぱり寒かったから手袋を購入。
駅前のミスドで暇を潰す予定が、オープン時間が9時になっていたために、付近を散策することに。
早朝の散歩というよりは、深夜徘徊に近い趣でございました。
宇治川という大きな碑があったので、写真を撮ろうと思ったら、持っていた一眼レフが撮影拒否。なんでだろう?明るくなってから撮ればいいや、と思いなおして宇治川を渡り、宇治公園の方へ。
橘橋を撮影しようと思ったら、これもやっぱりカメラが撮影拒否。どうしてもシャッターが降りなくて困りました。
でも、この暗さと時間が戦闘していた頃よね〜と浸りました。
そのまま朝霧橋も渡って、宇治神社と宇治上神社に行きました。これもやっぱり暗くてシャッターが降りなくて。きっと神様が撮影拒否されてるのね〜と思って撮影はあきらめました。
その後、京阪宇治駅に一度戻ったところで、空がやや明るくなって来たので、宇治公園で朝焼けを見ようと再び移動。橘橋の上で夜明けを迎えました。朝焼けの空が水面に映ってとても印象的でした。
明るくなってから、周囲の撮影開始。しっかりと原作での描写を見て、現場検証してみました。何しろ時間だけはたっぷりとあったので、心おきなく橋と公園を堪能しました。こういう場所で戦闘したのね〜とか、頼竜の登場した方角とか、天狗が来たのはどの方角かとか。
それからは来た道を戻って、駅で次の比叡山へ向う時間の確認をしたり、コンビニで暇をつぶしたりしました。

8時半頃に京阪宇治駅から源氏物語ミュージアムの方へ移動。京阪宇治駅から徒歩10分程度でした。
開館時間前に着いて、少しだけ隣接する公園で暇つぶしをしました。
9時になって、ミュージアムが開館。もちろんその日の一番乗り;;
雅な調度品や牛車などが展示されていたり、パネル展示や、源氏物語の展示などがされていました。
ここは、ミラージュポイントではないのですが、源氏物語に関する書籍が集められている図書館があったりして、源氏物語ファンにはたまらない場所かもしれません。
私は売店の和風な品々に、かなりそそられましたが。素敵なお香とかも置いてあったりしましたし。
時間の関係でかなり早足で見たんですけど、ゆっくり見ようとすると、映画とかありますので1〜2時間くらいは必要かと。
9時48分の電車に乗るために、40分にミュージアムを出発。私は歩くのが遅いので、かなり走りました;;

電車とバスを乗り継いで比叡山へ。途中で見えた琵琶湖が綺麗だった。
東塔エリアだけでも、かなり見所はあったのですが、全般的に観光者に不親切な印象だったので、予定より短い時間で観光を切り上げてしまいました。。
冬期間は東塔エリアと他へのアクセスが悪く、タクシーも来て貰えないらしいとのことで次は他の季節に来ようと思いました。
本堂とか広くてかなり見てて面白かったですけど、全体的に厳かな感じで、少々居心地悪い気がしました。

ロープウェイ・ケーブルカーで下山。途中で鞍馬寺のポスターを見つけて、そこに記載されていた「あうんの寅(初寅の日限定)」の誘惑に負けて、急遽、鞍馬寺へ移動。
鞍馬寺で、目的のあうんの寅の置物をゲットし、かなり上機嫌となり四条方面へ移動。
四条大橋周辺を散策、特に四条木屋町の喫茶店を限定しようとチェックしたのですが、結局断定できず適当な喫茶店でお茶。
その後、京都駅の駅ビルの大階段へ。段数を数えたりして堪能しました。
夜は翌日のイベントのため、大阪へ移動。


TOP 闇戦国研究所