【研究手記】
TOP > 【研究手記】 > 00/07/15 名古屋サイン会レポート

■00/07/15 名古屋サイン会レポート
名古屋サイン会レポート 
2000年7月15日(土)午後2時より
星野書店近鉄パッセ店(8F)にて


星野書店には13:20頃到着。
すでにサイン会会場はできていました。
整理券には「13:30までにご来店ください」と書かれていたので、13時を目指したのですが、直前までお手紙を書いて、プレゼントを焦りと緊張で震える手でラッピングしていたので、結構ぎりぎりな到着でした。
エスカレータの正面に特設されたテーブルに先生の本、文庫本だけがずらりと並べてあって、整理券を持っていて本がない人はそこで買うことになってました。
私は、赤の神紋の3巻を購入。前回整理券配布時に購入してあったのですが、折角サインしてもらうのですから、綺麗な本にしようかと。他の本でもサインしてもらえるようでしたけど、やっぱりこれの発売記念ですから…。
エスカレータのやや左側にサイン会の会場がセットされていました。
エスカレータの横は整理券番号30番までの人が並んで、あとは非常階段に誘導されていたようです。1・2と3.4というように、番号順に並べるように1番の人はこの辺りとかがわかるようにメモ紙がエスカレータの横の柵に貼り付けてありました。
テーブルにはお花(白ゆりなどの白い花でまとめたアレンジメント)に、くすみさんと藤井さんと連城の名前の札がついていました。あとは小さいお花のもありました。
書店の人が、先生が来る前だったら会場の写真を撮ってもいいということだったので、人がいない隙を見計らって、写真を撮影しました。
サイン会の最中は写真撮影は禁止でしたので、ちょっと残念でしたけど。
整理券を持ってなかったけど望みを捨てずに待っていた人が、当時会場には30人近くはいらっしゃいました。
13:30ごろ、書店では当日券を出すことになったみたいで、配布開始。
当日券は50枚。見ていたところ大体10分程度ですべて配られてしまったみたいです。13:45ごろ、先生のための、お水とお絞りが用意されていました。
14時になって先生がエレベーターの方面から登場。
黄緑系お洋服を着ていらっしゃいました。7分袖の薄手のカーディガンにワンピース。
首には青のビーズのネックレスで、途中に銀色の金具かビーズが入ったものを3連くらいにしていました。あとは、吉祥寺の時からつけている青のGUESSの時計。爪には金か黄緑系のラメの入ったマニュキアを塗っていらっしゃいました。
首につけていらしたビーズのネックレス、見た覚えがあるんですけど…。多分、横浜か吉祥寺の時だとおもうのですが…。

書店の方のアナウンスと共に拍手をしてサイン会開始。
サインする場所は本の表紙の内側。先生がサインしやすいように開いて待機。
私は3番目でしたので、先生の姿を見てからすぐに自分の番だったので、かなり興奮して緊張したままでした。
直前の友人がプレゼントを渡したり、先生と話をしているのを後ろから見ていると、書店の方へ整理券をお渡しして、サインする場所を開くように指示されました。

さていよいよ、自分の番。
先生のお隣の女性の編集の方?が先生の左手側に立っていて、先生と一緒に話かけてくださいました。

私「こんにちは〜」
先生・編集「こんにちは〜」
私「プレゼントです」<プレゼントを差し出す。
先生「なんかいっぱい〜」<私の紙袋を見て。
編集「ありがとう。どこからいらしたの?」<受け取ってもらいながら。
先生「中までかわいい〜」
私「千葉からです」
私「ケイにちなんで、ケイの石っていうのを見つけたので…」
先生「あはは(笑)」
私「中に入ってますので」
編集「ありがとう」
先生「へぇ〜?なあに〜?」
編集「中にあの住所とか入ってる?」
私「あ、中に入ってます」
先生「なんかみんなコレしてる〜」<私の時計を指さして。
私「そう、先生のにそっくりのを探して…」
私「あ、同じだ(笑)」<先生のと比べてみた。
先生「(笑)」
編集「同じの?」<時計を見て。
編集「大変だったね、泊まってるの?」
編集「7月の26日に次の巻がでますから」
編集「その次はミラージュかな」
私「楽しみにしてます」
編集「かな?」<先生に問う口調で。
先生「かなって言われても〜」<少々困った様子で。
サイン本を手渡してもらって
編集「どうもありがとう」
私「ありがとうございました」
右手で握手してもらってから、
私「ケイの誕生日とかってもう決まってるんですか?」
先生「ケイはね〜次の巻にでてくるかな」<かなりゆっくり思い出し口調。
私「楽しみにしています。がんばってください〜」

こんな感じでした。思い出せる限りですけど。
渡したプレゼントのことの説明と、ケイの誕生日を聞こうと思っていたので、いきなり先生が時計のことについてツッコミをしたのにはちょっと戸惑いました(笑)

私がプレゼントした品は2つ。磬(けい)石という特殊な石と、鉄琴のような叩く楽器のような物。(エナジーチャイムとか書いてあった気が…)
どっちも叩いて音を出すとかなり澄んだ音が出るので気分転換に良いかと思って。
磬(けい)石は世界中で讃岐でしか採れないという代物で、讃岐の石っていうのと、石の形が鯨みたいだったので面白いかなと。思わず自分用にも買ってしまいましたが。

先生とお揃いの腕時計をしていたので、「みんながしてる〜」と笑っていらっしゃいましたが、私の直前にサインをもらった友人も同じものをつけていたので、さすがに気になったみたいです。

先生、ずっと笑顔を絶やさず、ライトの下で暑い中、水分も取らずにずっと休憩を取らずにサインを続けていました。
先生、素敵な思い出をありがとうございました!!

2000.7.19UP


TOP 闇戦国研究所