【研究手記】
TOP > 【研究手記】 > 02/01/14 アニメ第2話感想

■02/01/14 アニメ第2話感想
アニメ第2話感想


さて、第二話感想ですね。
この一週間が待ち遠しかったです。

まず、OP。
あの高耶さんの手に火が入った個所がありましたね〜あれ背景もかな?
なんか他の個所でも炎が少し違う気も…これから比べてみるつもり。

妻女山の続き場面。うーん、背景の雲の動きが速くないですか?
なんか髪の毛の動きと雲の動きが合ってないから、ちょっと違和感。
あと、武田の霊。階段を登ってきたんですか…?
前回譲の家であんなに唐突に出現したのに…私、ずっとあの霊はぼーっと出現するのをイメージしてたのでそこがすごく抵抗ありますね…。
今回、妻女山からの景色がずいぶんと流れていましたが、やっぱりあれ、水田に見えます……。
ときどきハッとするくらい、私の好みな表情をする高耶さん。
どうしよう…。高耶さんが愛しいんですがぁぁぁ〜。
直江は、なんか逆に萌えない;;あのポーズが気に入らないのかも、私。
高坂は「直江の匂い気配…」とか言ってるし。それよりも高坂は上下に揺れもせずに走るあの場面のほうが気になるか…車の中の直江の腕ごしの高耶…あれってどこのカメラですかっ!?
ハンドルあたりからの映像ですかね…まるで直江の隠し撮りのような、素敵なアングルだわ(笑)なんで譲の家に行く頃にはいきなり夜なのよ〜?今まで何してたの??とか…ちょっと妄想できそう。
譲から高坂のことを聞かされて黙り込むというか、視線を微妙に逸らす直江とか…。<何でなの?
譲と直江が並んで歩く場面は、なんか二人の後ろ姿が似てる気がして妙に笑えました。
松本城の場面のはずが、病院の屋上?
でもあの由比子の病院って、1話の外観だと想像できない位置なんですが。
あと、三条が森野の力を使うところが…原作読んだ人にはわかると思うけれど、アニメが初めてだとわかりにくいかもしれない。
もうちょっと力を使ってるってわかるような効果が欲しかった。
高坂と直江の対決はちょっと良かった。特にバトルの場面で力を表現する特殊効果が。
でも、木の倒れ方とかはちょっと変に思えたけれど…そもそも力を使って倒したんんだから、不自然でもいいのか…うん。
後で高耶が病院で三条と対面したあたりも…なんか話の流れが速いんではないかと…。
もうちょっとゆっくりやってくれると嬉しかったんだけどな…。
あと、松本城の燃えかたがちょっと気に入らない。
燃えすぎというか…炎にしては不自然。燃えかたがイメージと違う(泣)でも力での炎だからあれでいいのか…。
信玄な成田…声がちょっと加工されてて、イイ感じ。
かなりあちこちカットされてはいるけれど、1巻の雰囲気をいい感じで残してると思う。
オリジナルな場面というか、原作通りではない場面もあったけれど、これはこれで楽しめそう。
…そろそろそんな違いが多すぎて、挙げてるとキリがないので気にしないことにしようかと。

EDが前回と違うのに驚いた。
実はあちこちのネタバレ情報を読んだ後だったりするのですが、あんなに違うとは…。
前回の続きのような、ちょっと違うような…微妙な感じ。
毎回変ると面白いのですが…次回はどうだろう……。

今回、私リアルタイムで見た人からの話で、もっと酷い状態を想像してました。
だから自分で見たときに、思ったよりも良くて平気で…かなり安心しました。
これなら3話にも期待できそう〜。


02.1.19UP


TOP 闇戦国研究所